まさとの人生満喫計画

アメリカ北西部、ワシントン州に住んでいる日本人まさとの日常を呟いていきます。シアトルを筆頭にワシントン州の素晴らしいところや海外にいることで感じることを気ままに配信していきます。

(ミニマリストのあなた向け!)留学に持っていきたい持ち物

どうも!まさとです!

 

最近ツイッターや友人を通してよく聞かれる質問がありまして。

 

それは、、、

 

"今度から留学に行くんだけど何を持ってったらいいの?"

 

f:id:No1footwork:20170522055437j:plain

といったものです。

わりとたくさん聞かれる質問なので今回簡単に記事に書き残しておこうと思います!

 

 

先に申し上げておきますよ!私はできるだけ物を持ち運ばない

ミニマリストの一面を持っています。そのためもしかすると人によっては物足りなく感じることもあるのでその辺は柔軟にご対応ください笑。

 

実際に長期の留学としてアメリカに来ましたがスーツケースの半分しか使っておりません。残りの半分は全て日本のおやつを入れてました。

しっかり理由があるんですけどね!

 

 <目次>

 

スーツケースの中身

  • 爪切り
  • 髭剃り
  • ワックス
  • 歯磨き
  • 非常用財布
  • 服 3日前後
  • 下着類 プラス 靴下 4日前後
  • サンダル
  • 変圧器
  • たこ足配線
  • タオル
  • S字フック
  • ガム
  • 多機能ナイフ
  • スーツ(ドレス)
  • イヤフォン
  • スケボー 

 

はい。これだけでいけます。笑

このリストはこちらに来るときに実際に使ったリストです笑

スケボーは実際に持ってきてないませんがあれば本当によかったです(乗れませんけどね。かなり重宝します)

 

 

 それでは説明に移動しましょう。

まずこの記事はこれから海外に留学する人々に向けて書いています。

 

決してこれから海外に旅行に行く人、仕事で行く人に対しては違う持ち物が必要になって来ますのでご注意ください

(旅行用の荷物もいつか記事にしようかな。。)

 

過去の海外歴

 

1ヶ月の南米旅行、1ヶ月のロンドン留学などの短期留学や一年間のニューヨーク交換留学、そして今回のワシントン州への大学編入など過去に多くの海外留学を経験しております。

 

その過程で少しずついらないものを省いた上で残ったものなので信じてもらって大丈夫ですよ!

 

 

ぶっちゃけた話、今はどこに行ってもある程度のものは現地に手に入ります

 

特に長期で滞在する場合なら現地のショッピングにいくこともあるでしょうし

 

現地を詳しく知る。

 

という意味でも現地調達の感覚が身につくのであまり持ち物を持って行かないことをおすすめします。

 

ですがいくつか日本から持っていくべきものがあります!

 

それはクオリティーの高さが求められるもの!です!

 

例えばですが

爪切りは日本から持ってくることを強くおすすめします。

理由は簡単でモチがいいこと、そして日本人に向けて作られていることです。

 

服に詳しい友人によると日本の服の方がしっかりしていて服のモチがよくなかなかヨレない。ということもあるそうです。

 

ワックス、爪切り、髭剃りなどは日本で入手できるものを持ってくることをおすすめしますよ!現地に慣れてくれば現地で調達して見るのもいいですね。

 

 

 服はそこまで持っていかなくていい理由

服と下着は3−4日ほどあれば十分です。これは割としっかりした理由がありまして。

服ってかなり場所を取るものですよね。シャツだけならいいですがジャケットやスウェットなどはスーツケーツを圧迫します。

 

寒い地域に行く人ならコートなども必要になってきますし靴もいくつか持っていきたい人もいるでしょう。

 

でもそれを踏まえた上で持って行くのは3−4日ほどの準備でいいと思います。

 

なぜならば服は勝手に増えて行くものだからです。笑

 

はい。大切なので2度言います。服は勝手に増えて行くものです

 

特に留学として海外にくる人に当てはまります

 

理由は簡単です。

留学先で服を買ってしまうから

 

よく道を歩いていれば "New York" や ”I ♡ NY"、”Los Angels"みたいな服をきている人見かけませんか?

なぜか行った先の服を買ってしまうものなんですよね笑

 

また買わなくても語学学校として学校に行けば色々なタイミングでシャツがもらえたりスウェットを購入したりと学校愛が芽生えてしまうものです。

 

実際に学校の中で学校の名前が入った服をきている人はよく見かけるのでそれが普通になるんですね。

 

面白いのが帰ったあと。日本は特にファッションに対してのレベルが比較的高いので名前のしれた学校や場所のシャツ以外は恥ずかしくてきれなくなります。笑

 

ですがこのような理由で服は自然と増えて行くので服はそこまで深く考える必要はないと思いますよ!

 

またアメリカでは変におしゃれをしすぎると同性愛者と間違われることもあるようなので気をつけてください。

 

 

サンダルはかなり役にたちます。

外に履いて行くのもよし、洗面所に置いておくのもあり、寝起きの買い物に行くときにだって使えます。万能君なんですね。

 

タコ足配線と変圧器に関しては

旅行に行く時を想定しています。

同じ場所に長時間いれば新しい国にいきたいこともあるでしょう。そんな時にこの二つがあればドミトリーにてコンセント争いがなくなり、平和な環境を構築することができます。

 

サバイバルナイフ

これ最高です。サンダルと並ぶクラスの万能君。あれば色々なシチュエーションでやくにたちます。治安が悪い場所に行くなら身を守ることだってできますしね!(まず行かないように!笑)

 

フルーツを切ったり、瓶を開けたり、あれば定期的にヒーローになるのでぜひ一つは持っていきましょう。

ちなみに私が使っているのはスイス製(VICTORINOX) の多機能ナイフ。小さいし錆びない上に、切れ味かなり鋭いです。

 

 

 

 

S字フック。

これ最強です。地面が汚い場所にものをかける時に使えますし空間を有効に使えるようになるのでぜひいくつか持っていきましょう。旅にでる人ならマストです!

 

ガム。

これあれば小腹が空いた時に助かります。また外国のがむってすぐに味がなくなってしまうのが多いので味が長続きするタイプのものがあればなお良いかと。

ガムを噛むことで顎の筋トレにもなりますからね笑い

 

 

外国人の顎が角ばっているのはガムを多く噛むことが理由。っていうのをどこかで見たことあります。

 

 終わりに

今回は簡単にですが留学に行くのに対して持って行けばいい最低限の持ち物を記事にして見ました。

 

スーツ(ドレス)

これあれば色々な状況に対応できます。

スーツまで行かなくてもシャツとジーパンぐらいのセミフォーマルなものでも十分ですがスーツがあれば見た目が決まるのでやくにたくことがよくあります。

突然服装がガラッと変わるとギャップ効果も働くので印象をよくするのにも役にたちますからねー!

 

もうすぐ外国に行くのに何を持って行けばいいのかわからない。用意ができていない人に向けての記事を書いて見ました。少しでも役に経てば嬉しいです!

 

また要望があれば状況別の持ち物リストなんかも作れるので連絡ください!

 

お土産は何を持っていけばいいのかきになる方はこちらをどうぞ。

 

no1footwork.hatenablog.com

 

 ブログランキングにも参加しているのでよければポチッとクリックしていただければ嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

それでは!