まさとの人生満喫計画

アメリカ北西部、ワシントン州に住んでいる日本人まさとの日常を呟いていきます。シアトルを筆頭にワシントン州の素晴らしいところや海外にいることで感じることを気ままに配信していきます。

留学したいのに動き出せないあなたに対して

どうも!まさとです!

 

留学関係はやはり需要があるみたいなのでこれからも定期的に更新して行こうと思います。

 

自分の住んでいる場所から違う場所に移動するのは勇気が入りますもんね。

ましてや言語も違うし知り合いも一人もいない見たいな環境ならばかなり心配になるでしょう。

 

でも言っておきたいのは

 

だからこそやる価値がある。

 

とも言えます。

 

やりたい!という気持ちを持つのは簡単です。でも実際にできるのかと言われると答えは変わってきますよね。

 

留学に限らずともこのようなことは毎日の生活の中で頻繁におきています。

 

”〜したい”、”〜になりたい”という声はよく聞きますが

それを言っている自分に満足してませんか?

 

”私はいつか留学したい。”と言いながらどこかで受け身になっていませんか?こうやって言っていれば何かのきっかけがあってそれで留学の夢が叶う!

 

見たいなことを考えているのなら少し考え方を変える必要があると思います。

 

確かに受け身になっていてもチャンスがやってくることもあります。どこかの人があなたが海外に興味があることを聞きつけて欲しい情報が手に入ることもあるでしょう。

 

ですがもし自発的にチャンスを追い求めて行けば結果はどうなるのでしょうか?

”留学に行きたい!”というだけの自分から”留学に行く”と考え方を変えればどのような変化があるのでしょうか?

 

少しの変化ですが効果は大きく変わってきます。

実際に言葉に”私は留学に行く”というだけでも変化がおきます。

もちろんそれをいうとすぐに変わる可能性は引くでしょう。

 

ですが自分から情報発信をしているとどこかであなたに対して情報を提供してくれる人が現れるかもしれません。もしかすると費用だって想像より安い可能性だってあります。

 

私は英語で言う

You are what you say

と言葉を強く信じています。

自分は自分の言うような人間になる。というニュアンスを含んだ表現なのですが言葉に出すことで物事が変わるということはよくおきます。

 

残りが半分ほどになったジュースを見て

もう残りが半分ある。

というのと

まだ残りが半分ある

 

というと感じ方が全然変わってきます。

表している現象はどちらも同じです。それでも言い方を変えるだけで大きく今の環境を変えることが可能です。

まずは言葉遣いから見直してみましょう。これって簡単ですけどかなり難しいでしすよ。

 

それと言い訳をする癖を直しましょう。

何か新しいことをしようとするとどうしても失敗すればどうしよう、やもし英語が伝わらなければどうしよう。と言った悩みが出てくると思います。

またお金がないから。や勉強についていけるかわからない。と言った言葉もよく聞きます。

 

これらに共通点があります。それは何でしょう。

 

共通点は全てやらない言い訳をつくる

ということになります。

 

 

日本の諺にも

”言うは易し、行うは難し”といった物があります。

 

これは言葉の通り、言うのは簡単だけども実際に行動に起こすのは難しいと意味になります。

 

留学したいと心では思っているのに行かなくてよい理由を探し出している人っとよくいると思います。

 

僕もその一人でした。

でもやらない理由はみんな作れるけどやる理由をしっかりと見つめると言うのは正直簡単ではないと思います。

 

大切なのは自分の心に従うこと。やりたいことに素直になればいいと思います。それ以外の心配事はそうそうおきません。

 

おきたとすればそれはあなたがラッキーなだけですよ。

それを含めて笑いに変えられる力も大切ですよね。

 

人と人を繋ぐネットワーキングはどこの世界でもやくにたつスキルでアメリカに行く場合はあればかなり有利な好きなのでぜひ応用して見てください!

 

今回は留学にきたい人に向けたメッセージを書いて見ました。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

それでは!