まさとの人生満喫計画

アメリカ北西部、ワシントン州に住んでいる日本人まさとの日常を呟いていきます。シアトルを筆頭にワシントン州の素晴らしいところや海外にいることで感じることを気ままに配信していきます。

あ。書評を書こう

どうも!まさとです!

 

 

前回行った書評が自分のアウトプットにとってかなり有効に感じたのでこれから少しずつ増やして行こうと思います!

皮肉なことは本を読み終わる時間より記事をまとめている時間の方が多いということなんですがそれは慣れと共に変わっていくでしょう。

 

今回の本はこちら!

 

伝え方が9割

伝え方が9割

 

 

伝え方が9割』 という本です。

著者は佐々木圭一さん。

 

タイトルを見たときにビビっときましたね!

 

伝え方が9割とはっきり言い切ってしまうタイトルに目を引かれ即購入。

今回はキンドルで購入しましたよ!

 

no1footwork.hatenablog.com

 

 

昔から文を書く。ということは苦手でした。決められた分量まで文を長くしたりはできるのですが自分で構成を立ててわかりやすい文を書くとなると未だに自信はありません。

 

そんな気持ちもあってか助けを求めるようにこの本を読み漁りました笑

 

著者の佐々木さんも元々は書くことは得意ではなかったそう。運命のいたずらで広告部門に所属することになりその中でもがいているうちに

 

"伝え方にはシンプルな技術があり、感動的なコトバは、作ることができる"ということを発見したそうです。

 

この本に書かれている多くの内容はすぐにでも使える技術がふんだんに使われているので是非実践してみてはいかがでしょうか?

 

それでは早速行きましょう!

 

試しに伝え方の重要性を表す文を

 

私が

明日ご飯に行こう ” というのと

めちゃくちゃ美味しくて前からよくいくオススメのお店があるんだけどそこに行かない?

 

というのではどちらの方が興味が湧きますか?

 

おそらく2つ目ですよね!

 

どちらも目的は”明日ご飯にいく”というものです。

それでも伝え方を変えるだけで相手の反応が変わる可能性があがる。というのがこの本の本質です。

色々なテクニックを体系立てて説明されていたので紹介させてください!

 

”伝え方を学ぶことは何よりも優先すべき!

同じ大学を卒業した二人が同じ就職先を受けたとします。

結果として片方が合格しもう片方が落ちたとすればそれは何が原因なのでしょうか?

もちろん学校生活以外での活動の違いなどはあるかもしれません。

ですが面接において大切なことはどのように相手に自分という人間を伝えるのか。

 

同じ経歴を持っていたとしても伝え方で合否が決まると言ってもあながち間違いではないはずです。

決して嘘をつくことを推奨しているのではありません。あくまで自分の持っている強みや得意なことの伝え方に注目することが大切なのです。

 

伝え方を知っておけばこの先のどんな状況に置いても役にたちます。

資格などの目に見えるものに時間を投資するのも大切ですがこの際普段注意を払うことのない”伝え方”について考えてみてはどうでしょうか?

 

  

ノーをイエスに変える3つのステップ

本書はすぐにでも使えるような役にたつ情報がたくさん乗っているのでそれぞれについてまとめておきたいと思います。

 

まず著者によると人間は一日に大小を合わせると一日に22回ほどのお願いをするそうです。

”これを明日持ってきて欲しい”

”あとであれを貸して欲しい”

など色々なお願いがあります。

先ほど私が出したご飯の例のように同じ”ご飯にいく”という目的でも言い方を変えると相手の反応がよくなることがあります。それを作戦的に行うためにはやり方を知る必要があります。

 

ノーをイエスに変えるための3ステップは

 

 

1.自分の頭の中をそのままコトバにしない
2.相手の頭の中を想像
3.相手のメリットと一致するお願いを作る

 

はい。この3つをしっかりと頭に叩き込んでおきましょう。これだけでだいぶ相手の反応を良いものにできるはずです。

 

先ほどの例は好きな異性がいる人にも使えますよ!

”好きだからデートに行ってください”と言えば成功するでしょうか?おそらく難しいですよね。これは1の自分の頭の中をそのままコトバにしないというルールを守っていないからです。

 

まずは頭の中のコトバを口に出すのをやめましょう。

 

そして次のステップが相手の頭の中を考える。相手が何を望んでいるか、求めているかをしっかりと考えましょう。おそらく多くの人が”新しいもの”や”美味しいもの”は好きなはずです。

 

そこでくるのが最後のステップ。相手のメリットと一致するお願いをするです。

こちらのお願いは”デートにいく”つまり二人でどこかに出かける。ですね。

そして相手は”新しいもの”に興味がある。

それならば

デートに行こうーー>最近できたてのおしゃれなバーがあるから試しに行かない?

とでもいえばどうでしょうか??

おそらく成功率が格段に上がると思いますよ!

 

毎回成功するとは限りませんが相手が何を求めているかをしっかりと感じ取ることができれば確率が上がるでしょう。

実践向けですのでぜひ試してみてはどうでしょうか?笑

 

 

 

エスに変える7つの切り口

 さらに本書では相手からイエスを引き出すための切り口を7つの項目に分けて紹介しているのでこちらも簡単に説明していきたいと思います。

 

1.相手の好きなこと
2.嫌いなこと回避
3.選択の自由
4.認められたい欲
5.あなた限定
6.チームワーク化
7.感謝

 

こちらが7つの切り口になるのですが

最初の相手のすきなことについては先ほどのデートの例が当てはまります。

相手が気になることに触れることによってイエスを引き出します。

 

2つ目の嫌いなこと回避は本の例から引用させてもらいます。

 

例えば痴漢を防ぐために

”チカンに注意”という看板を置くとします。

それだけではチカンが減ることがないでしょう。

ここで相手(チカン)の嫌なことを考えた上で

”住民の皆様のご協力で、チカンを逮捕できました。ありがとうございます”

といえばどうでしょうか?

チカンのいやなことは逮捕されることです。そこを刺激するのが効率的な伝え方なんですね。

 

3の選択の自由は心理学を巧妙に使ったテクニックで相手に選択肢を与えるというものです。

再度、目的が”デートに行く”なら

 

”新しくておしゃれなできたばかりのレストランか落ち着いていて特別なお酒を取り扱うバーに行かない?”

と聞くと相手はどちらかを選ぶ可能性が高いです。

 

どちらにせよデートに行くという目標は叶うのでお得なテクニックですね!笑

 

4認められたい欲

こちらは人間がもつ承認欲求を刺激する方法です。

 相手の頑張っている点や才能を認めた上でお願いしてみましょう。

 

 

5あなた限定。

誰でも君にしかできない!

って言われたら考えますよね。意外と誰にでも言えて効果も高いみたいです笑

 

6チームワーク化

一人ではできないとしても二人で作業を分けるならお願いも通るかもしれません。

日本だったら赤信号、みんなで渡れば怖くない。ってことですね

 

 

7感謝

これはとてつもなく役にたちます

ただのお願いに”いつもありがとう”などの感謝を付け加えることで

相手が承諾する可能性がグンと上がります。

 

 

少し長くなったのでここで途中経過をあげておきます。

残りも書きますね!

 

次回に続く。

 

 

少しでもすぐに実践できて役にたつ知識があれば幸いです!

 

伝え方が9割

伝え方が9割

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 それでは!