読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさとの人生満喫計画

アメリカ北西部、ワシントン州に住んでいる日本人まさとの日常を呟いていきます。シアトルを筆頭にワシントン州の素晴らしいところや海外にいることで感じることを気ままに配信していきます。

留学したいのに動き出せないあなたに対して

どうも!まさとです!

 

留学関係はやはり需要があるみたいなのでこれからも定期的に更新して行こうと思います。

 

自分の住んでいる場所から違う場所に移動するのは勇気が入りますもんね。

ましてや言語も違うし知り合いも一人もいない見たいな環境ならばかなり心配になるでしょう。

 

でも言っておきたいのは

 

だからこそやる価値がある。

 

とも言えます。

 

やりたい!という気持ちを持つのは簡単です。でも実際にできるのかと言われると答えは変わってきますよね。

 

留学に限らずともこのようなことは毎日の生活の中で頻繁におきています。

 

”〜したい”、”〜になりたい”という声はよく聞きますが

それを言っている自分に満足してませんか?

 

”私はいつか留学したい。”と言いながらどこかで受け身になっていませんか?こうやって言っていれば何かのきっかけがあってそれで留学の夢が叶う!

 

見たいなことを考えているのなら少し考え方を変える必要があると思います。

 

確かに受け身になっていてもチャンスがやってくることもあります。どこかの人があなたが海外に興味があることを聞きつけて欲しい情報が手に入ることもあるでしょう。

 

ですがもし自発的にチャンスを追い求めて行けば結果はどうなるのでしょうか?

”留学に行きたい!”というだけの自分から”留学に行く”と考え方を変えればどのような変化があるのでしょうか?

 

少しの変化ですが効果は大きく変わってきます。

実際に言葉に”私は留学に行く”というだけでも変化がおきます。

もちろんそれをいうとすぐに変わる可能性は引くでしょう。

 

ですが自分から情報発信をしているとどこかであなたに対して情報を提供してくれる人が現れるかもしれません。もしかすると費用だって想像より安い可能性だってあります。

 

私は英語で言う

You are what you say

と言葉を強く信じています。

自分は自分の言うような人間になる。というニュアンスを含んだ表現なのですが言葉に出すことで物事が変わるということはよくおきます。

 

残りが半分ほどになったジュースを見て

もう残りが半分ある。

というのと

まだ残りが半分ある

 

というと感じ方が全然変わってきます。

表している現象はどちらも同じです。それでも言い方を変えるだけで大きく今の環境を変えることが可能です。

まずは言葉遣いから見直してみましょう。これって簡単ですけどかなり難しいでしすよ。

 

それと言い訳をする癖を直しましょう。

何か新しいことをしようとするとどうしても失敗すればどうしよう、やもし英語が伝わらなければどうしよう。と言った悩みが出てくると思います。

またお金がないから。や勉強についていけるかわからない。と言った言葉もよく聞きます。

 

これらに共通点があります。それは何でしょう。

 

共通点は全てやらない言い訳をつくる

ということになります。

 

 

日本の諺にも

”言うは易し、行うは難し”といった物があります。

 

これは言葉の通り、言うのは簡単だけども実際に行動に起こすのは難しいと意味になります。

 

留学したいと心では思っているのに行かなくてよい理由を探し出している人っとよくいると思います。

 

僕もその一人でした。

でもやらない理由はみんな作れるけどやる理由をしっかりと見つめると言うのは正直簡単ではないと思います。

 

大切なのは自分の心に従うこと。やりたいことに素直になればいいと思います。それ以外の心配事はそうそうおきません。

 

おきたとすればそれはあなたがラッキーなだけですよ。

それを含めて笑いに変えられる力も大切ですよね。

 

人と人を繋ぐネットワーキングはどこの世界でもやくにたつスキルでアメリカに行く場合はあればかなり有利な好きなのでぜひ応用して見てください!

 

今回は留学にきたい人に向けたメッセージを書いて見ました。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

それでは!

 

 

言葉の力を感じよう。心を強くする名言集。

どうも!まさとです!

 

 

f:id:No1footwork:20170524164925j:plain

 

こちらに不定期にですが普段の生活の中や本を読んだ時に

ビビ!!!

 

って心にきた言葉を書き残して置こうと思います。

たまに見て共感できる言葉や元気になれる言葉があればいいなって思ってます!

 

目次からクリックしてもらえると一言コメントに飛びます。

<目次>

 

毎日の反省と検討を怠って、どうして今日より明日への発展途上が望まれよう。  松下幸之助

道を開くよりの抜粋。何事も1日で変わる物は大したことではありません。大志を成し遂げるならば毎日をしっかりといき、振り返り、次のひをよりよくしていく必要があります。とても心強い言葉で心に刺さりました。

 

彼を知り、己を知れば百戦して殆うからず。   孫子

これすごく有名ですよね。歴史的には戦争に勝つための法則として伝えられていますが普段の生活でも当てはめることができると思います。状況をしっかりと理解して、自分のできることをはっきりと理解すればどんな状況でも対応できる。というふうに捉えてます。

 

”幸せになりたい” と言う人は、”私は幸せじゃない”と信じている

神様のおしゃべりという本から引用しました。昔から言葉には力があるという

言霊の考え方を信じています。この本は自分の中でバイブル的存在の本で何度もなんども読み返しています。自分を変えたいならば話し方から変えて行きましょうという話。

 

恩を受けるのが恥ではない。返さないことが恥なんだ。 不明 

 どこで見つけたかは覚えていないですが見たときに心臓を捕まれたような感覚に陥りました。恩を受けないようにするより受けた恩を何倍にもして返す方がWin-Winで結果的に良い。とにかく色々な人に恩を受けているので返せるように尽力します。みなさん本当にありがとう。

 

お金持ちは変化しない方がリスクであることを知っている。

知識やスキルはなくなることがない。たとえ自分が財産を失ってしまったとしても得た知識、スキルがあればまた復活することができる。変わることを恐れて何も新しいことにチャレンジしないのは退化でしかない。進歩しているかより常に動き続けることが大切です。

 

物事には本来、善悪はない。ただ我々の考え方いかんで善と悪とが分かれる。

誰でも知ってるシェイクスピアの言葉のようです。私は物事を自分の物差しで見てしまうことがよくあります。自分のもつ固定観念という色眼鏡を通して物事を見てしまいます。起きたことはあくまで現象であり、それをどう捉えるかで人生は変わって行くんだと思います。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

海外の人ってどんなお土産なら喜ぶのでしょうか、、?

どうも!まさとです!

 

先日下記の記事を公開した後、

 

no1footwork.hatenablog.com

 

 

知り合いから連絡がきまして、

 

留学の持ち物はなんとなくわかったけどお土産って何を持っていけばいいの??

 

といった質問をいただいたので早速それをネタにしていきたいと思います(ネタ切れとかじゃないです、むしろ書きたいこと多すぎて困ってますから!)

 

f:id:No1footwork:20170523170350j:plain

<目次>

 

なぜお土産は持って行くべきなのか

友人も知り合いもいない別の国にいく。まして言語だって自信がない。

 

とすれば何ができるのか??

 

はい。物(お土産)で釣る!

ではないでしょうか?笑

 

誰だって物を貰えば嬉しいですからね。プレゼントをもらって嫌な顔をする人なんていません。

 

そうです!お土産でうまく第一印象をよくすることができればその後の留学生活を快適に生活できる可能性が格段に上がりますので余裕があればぜひお土産を持っていきましょう。

 

人間にはもらった恩はどうにかして返したいと感じてしまう

 

返報性の法則”というものがあります。

 

これはビジネスでも私生活でもどの状況でも使える物で

 

”何かをして欲しいなら先に自分から何かをしなさい”

 

という聖書にも書かれているような法則なんですよ!

 

とここまでお土産の必要性を熱く語って見ましたが、注意点が一つ。

 

それはズバリ

 

与える物に応じて相手の受ける印象は変わってしまう。”

ということです。

 

 渡す相手をあまり考えずにお土産を渡してしまうと時には相手の機嫌を損ねてしまうこともあるということです。

 

特に留学先のホームステイ先に持っていくお土産はなかなか難しいです。相手のことがよくわかっていない状態でのギフトはなかなか難しいですよね。

 

お土産失敗談

自分の話をさせてもらうと初めてNYにいった時に

私は駄菓子が大好きでその中でも

 ”酢だこさん” ”蒲焼きさん” ”よっちゃん” などの食べ物がとても大好きだったの

で相手にこの美味しさを伝えてあげようと大量に買って持っていきました。

 

はい。これはかなりやらかしましたね。。アメリカの人って魚介類そこまで好きじゃないなんて来るまで知りませんでした。

イカを食べるのがあまり理解できなかったようです。(しかもよっちゃんと酢だこさんは匂いがきつい。。私はそれが好きなんですが)

 

家の中で一番権力のあるホストママが一番この食べ物を嫌っていてかなり最初の方は気まずかったのを書いていて思い出しました。。

 

一年間のステイを終える頃にはとても仲良くなり家族のように受け入れてくれたのですが未だに日本食をあげようとすると

 

”まさとの持ってくる物は全て魚の味がするからいらない”

 

って言われてしまいますね。笑

 

 

と長くなってしまったのですがこれらの黒歴史なども含めた上でお土産の候補になりそうなものをリストにして見ました。

予算などに応じても変わって来るのですが参考になれば嬉しいです!

 

お土産候補リスト

 

f:id:No1footwork:20170523170440j:plain

  • 味噌汁などのインスタント食品
  • 着物
  • 日本の風景の入ったポストカード
  • 漢字が入ったもの(キーホルダー、シャツ)
  • 文房具(多機能ペン、消しゴム、切れるペン等)
  • 日本のお菓子
  • お餅
  • お土産
  • 食品サンプル
  • だるま
  • けん玉
  • 扇子

 

と意外とたくさん候補が出てきました。

個人的なオススメは日本のお菓子屋やポストカード、漢字が入ったものが比較的受けがいいと思います。

 

滞在先に子供がいる場合なら

けん玉、だるま、お箸、文房具などが無難でなおかつ好印象になると思います。

 

日本の文房具って本当に素晴らしいです。性能が全然違います。

アメリカの消しゴムは消しかすが大量にでるしなかなか綺麗にきれないので正直使ってイライラするレベルですからね笑。

 

小さいので大量に持って来ることができるので色々な人にあげたり自分で使えることができるのもいい良い点ですね。

 

多機能ペンや消えるペンは自分で使っていてもたまに知らない人が声をかけてくることがあります。

 

 

扇子は正直オススメしません。最初の受けこそいいのですが使っている人を見たことがありません。また安いものなら簡単に手に入りますので買うのならある程度質のいい、壁に立てかけることができるものならばいいと思います。

和紙でできているやつなんかは見た目も綺麗でいいと思います。

 

漢字が入ったやつはびっくりするくらい受けがいい。できれば色々な漢字が入っている物を持っていって説明してあげるのも会話になっていいと思います。特にアメリカ人は漢字に興味を持っている人が多い印象を受けます。

 

着物は値段が張りますが第一印象としては最強です。かなり強い印象を残すことができますよ。私の場合は半年ほど立って家族と打ち解けたぐらいの時に全員分の着物を買って送ってもらいました。そのままみんなで日本食レストランにいったのはいい思い出ですね!

 

一番のオススメ

一番は日本の風景が入ったポストカードです。

これなら荷物にもなりませんし壁に飾るもよし、使うもよし、何かを書いてあげるのもよし。しかも年齢も関係ないという最強のアイテムになります。実際私はこれはどこに行くにも持ち歩いていてよくしてもらった人にメッセージを添えて送ったり、あげたりしてます。

 

手書きのメッセージがついていれば嬉しいですしね!気持ちも込めれるので受けがいいこと間違いなし!

かなりオススメです!

 

ポストカードは趣味でよく集めているのですがこのようなポストカードもありますよ!

 

no1footwork.hatenablog.com

とても革新的なアイデアで最近の流行りです。母の日のプレゼントとして動画をとって送ったりもしました!

 

 

お土産を渡す上での注意点

滞在する家庭によっては持ってきたお土産が好まれない可能性だってあります。家のインテリアがしっかり統一されている家庭や食べ物に厳しい家庭に当たるという可能性もあります。ですが大切なのは何かを渡したいという気持ちだと思っています。

 

可能ならば、ある程度行く前に相手の情報がわかるなら下調べをするのもいいかもしれませんね!ペットがいるかや子供がいるのかで変わることもたくさんあります。また年齢層などもありますしね!

 

おわりに

過去の留学経験を振り返りながら何がお土産として受けがいいのかという記事を書きました。あくまで個人の経験に基づいていますのでどれが良い!とは一概に言えないのですが少しでも参考になれば幸いです。

お土産というのは自分を泊めてくれる人以外にもあげることができます。ハイチューや飴キャンディなどの小さい物を買って学校などで配るのもいいと思いますよ。

大切なのはなにを渡すのかではなく気持ちですからね!

 

他にも面白いお土産やオススメのお土産があれば教えていただければ嬉しいです!

 

 

 ブログランキングにも挑戦してます。

下のリンクにとベば他の海外ブログを見ることができますよー!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

それでは!

 

 

(ミニマリストのあなた向け!)留学に持っていきたい持ち物

どうも!まさとです!

 

最近ツイッターや友人を通してよく聞かれる質問がありまして。

 

それは、、、

 

"今度から留学に行くんだけど何を持ってったらいいの?"

 

f:id:No1footwork:20170522055437j:plain

といったものです。

わりとたくさん聞かれる質問なので今回簡単に記事に書き残しておこうと思います!

 

 

先に申し上げておきますよ!私はできるだけ物を持ち運ばない

ミニマリストの一面を持っています。そのためもしかすると人によっては物足りなく感じることもあるのでその辺は柔軟にご対応ください笑。

 

実際に長期の留学としてアメリカに来ましたがスーツケースの半分しか使っておりません。残りの半分は全て日本のおやつを入れてました。

しっかり理由があるんですけどね!

 

 <目次>

 

スーツケースの中身

  • 爪切り
  • 髭剃り
  • ワックス
  • 歯磨き
  • 非常用財布
  • 服 3日前後
  • 下着類 プラス 靴下 4日前後
  • サンダル
  • 変圧器
  • たこ足配線
  • タオル
  • S字フック
  • ガム
  • 多機能ナイフ
  • スーツ(ドレス)
  • イヤフォン
  • スケボー 

 

はい。これだけでいけます。笑

このリストはこちらに来るときに実際に使ったリストです笑

スケボーは実際に持ってきてないませんがあれば本当によかったです(乗れませんけどね。かなり重宝します)

 

 

 それでは説明に移動しましょう。

まずこの記事はこれから海外に留学する人々に向けて書いています。

 

決してこれから海外に旅行に行く人、仕事で行く人に対しては違う持ち物が必要になって来ますのでご注意ください

(旅行用の荷物もいつか記事にしようかな。。)

 

過去の海外歴

 

1ヶ月の南米旅行、1ヶ月のロンドン留学などの短期留学や一年間のニューヨーク交換留学、そして今回のワシントン州への大学編入など過去に多くの海外留学を経験しております。

 

その過程で少しずついらないものを省いた上で残ったものなので信じてもらって大丈夫ですよ!

 

 

ぶっちゃけた話、今はどこに行ってもある程度のものは現地に手に入ります

 

特に長期で滞在する場合なら現地のショッピングにいくこともあるでしょうし

 

現地を詳しく知る。

 

という意味でも現地調達の感覚が身につくのであまり持ち物を持って行かないことをおすすめします。

 

ですがいくつか日本から持っていくべきものがあります!

 

それはクオリティーの高さが求められるもの!です!

 

例えばですが

爪切りは日本から持ってくることを強くおすすめします。

理由は簡単でモチがいいこと、そして日本人に向けて作られていることです。

 

服に詳しい友人によると日本の服の方がしっかりしていて服のモチがよくなかなかヨレない。ということもあるそうです。

 

ワックス、爪切り、髭剃りなどは日本で入手できるものを持ってくることをおすすめしますよ!現地に慣れてくれば現地で調達して見るのもいいですね。

 

 

 服はそこまで持っていかなくていい理由

服と下着は3−4日ほどあれば十分です。これは割としっかりした理由がありまして。

服ってかなり場所を取るものですよね。シャツだけならいいですがジャケットやスウェットなどはスーツケーツを圧迫します。

 

寒い地域に行く人ならコートなども必要になってきますし靴もいくつか持っていきたい人もいるでしょう。

 

でもそれを踏まえた上で持って行くのは3−4日ほどの準備でいいと思います。

 

なぜならば服は勝手に増えて行くものだからです。笑

 

はい。大切なので2度言います。服は勝手に増えて行くものです

 

特に留学として海外にくる人に当てはまります

 

理由は簡単です。

留学先で服を買ってしまうから

 

よく道を歩いていれば "New York" や ”I ♡ NY"、”Los Angels"みたいな服をきている人見かけませんか?

なぜか行った先の服を買ってしまうものなんですよね笑

 

また買わなくても語学学校として学校に行けば色々なタイミングでシャツがもらえたりスウェットを購入したりと学校愛が芽生えてしまうものです。

 

実際に学校の中で学校の名前が入った服をきている人はよく見かけるのでそれが普通になるんですね。

 

面白いのが帰ったあと。日本は特にファッションに対してのレベルが比較的高いので名前のしれた学校や場所のシャツ以外は恥ずかしくてきれなくなります。笑

 

ですがこのような理由で服は自然と増えて行くので服はそこまで深く考える必要はないと思いますよ!

 

またアメリカでは変におしゃれをしすぎると同性愛者と間違われることもあるようなので気をつけてください。

 

 

サンダルはかなり役にたちます。

外に履いて行くのもよし、洗面所に置いておくのもあり、寝起きの買い物に行くときにだって使えます。万能君なんですね。

 

タコ足配線と変圧器に関しては

旅行に行く時を想定しています。

同じ場所に長時間いれば新しい国にいきたいこともあるでしょう。そんな時にこの二つがあればドミトリーにてコンセント争いがなくなり、平和な環境を構築することができます。

 

サバイバルナイフ

これ最高です。サンダルと並ぶクラスの万能君。あれば色々なシチュエーションでやくにたちます。治安が悪い場所に行くなら身を守ることだってできますしね!(まず行かないように!笑)

 

フルーツを切ったり、瓶を開けたり、あれば定期的にヒーローになるのでぜひ一つは持っていきましょう。

ちなみに私が使っているのはスイス製(VICTORINOX) の多機能ナイフ。小さいし錆びない上に、切れ味かなり鋭いです。

 

 

 

 

S字フック。

これ最強です。地面が汚い場所にものをかける時に使えますし空間を有効に使えるようになるのでぜひいくつか持っていきましょう。旅にでる人ならマストです!

 

ガム。

これあれば小腹が空いた時に助かります。また外国のがむってすぐに味がなくなってしまうのが多いので味が長続きするタイプのものがあればなお良いかと。

ガムを噛むことで顎の筋トレにもなりますからね笑い

 

 

外国人の顎が角ばっているのはガムを多く噛むことが理由。っていうのをどこかで見たことあります。

 

 終わりに

今回は簡単にですが留学に行くのに対して持って行けばいい最低限の持ち物を記事にして見ました。

 

スーツ(ドレス)

これあれば色々な状況に対応できます。

スーツまで行かなくてもシャツとジーパンぐらいのセミフォーマルなものでも十分ですがスーツがあれば見た目が決まるのでやくにたくことがよくあります。

突然服装がガラッと変わるとギャップ効果も働くので印象をよくするのにも役にたちますからねー!

 

もうすぐ外国に行くのに何を持って行けばいいのかわからない。用意ができていない人に向けての記事を書いて見ました。少しでも役に経てば嬉しいです!

 

また要望があれば状況別の持ち物リストなんかも作れるので連絡ください!

 

お土産は何を持っていけばいいのかきになる方はこちらをどうぞ。

 

no1footwork.hatenablog.com

 

 ブログランキングにも参加しているのでよければポチッとクリックしていただければ嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

それでは! 

 

TED紹介 How great leaders inspire actions (なぜリーダーが周りを刺激するのか)

どうも!まさとです!

 

前々から書きたいと思っていたTEDの解説動画を遂にはじめました!

TEDの愛を語った記事はこちらです。

 

no1footwork.hatenablog.com

 

 

最初から自分しか知らないようなニッチな動画を紹介しても意味がないのでTEDxの中でも特にViewsが多い動画の中から選びました。

 

動画だけを見たい方は下にリンクを貼っているのでそちらをどうぞ。

日本語訳を字幕でつけることができるので英語に自信のない人でも理解することができます。

 

この記事の目的は私が重要だと思った点をアウトプットとして書き出しているのと

この記事を読んで更に深い理解をしてもらいたいからです。

 

タイトルは

 

「How great leaders inspire actions」

 

なぜリーダーが周りを刺激するのか。

とでも訳せると思います。

 

この動画通算してると五回ぐらいみているのですが何度見ても学びがあります。自分にとって重要だと思った点をまとめておきます。

 

何がリーダーをリーダー足らしめるのか

動画ではライト兄弟キング牧師がリーダーの例として出されています。

なぜ当時、キング牧師は市民権運動であそこまで周りの注目を集めたのでしょうか?

なぜ他にも空を飛ぶというアイデアを持っていた人たちがいる中、ライト兄弟が成功したのでしょうか?

 

スピーカーのサイモンはこれらもリーダー像を調べて行く中でリーダーの資質なるものを発見しました。

 

多くの会社が新しい商品を開発する際、顧客に売るための流れは

 

What(何を作ったか) →How(どのように役に立つのか) →Why (だから買わないか?)

流れを追います

 

 

車をたとえに引き出すと

 

新しい車を作り出す (What) 

 

 

燃費が従来よりいい, 上質な皮を使用しているからすわり心地が良い (How)

 

だから新車を書いましょう (Why)

 

という流れです。

ですがサイモンが発見したリーダーの法則はその真逆でした。

 

とてもシンプルなことで

 

リーダーは”Why ” つまり ”なぜ”からアクションを起こしているということです。

Why →How →What

の流れがリーダーがする思考回路のようです。

 

動画では3つの円を描いてその中心にWhy(なぜ)、その外側にHow(どのように)、そしていちばん外側にWhat(なに)と書いて説明しています。

 

具体的なリーダーシップをもつ会社

 

そしてこのリーダーの思考回路を辿っている会社の例として出されているのは

Steve Jobsが生み出したApple社です。

 

Apple社は元々はパソコンをうる会社でした。

当時はMicrosoftが一人勝ちをしている中で技術も規模もまるで敵わないアップル社がどのようにしてシャアを拡大していったのか、またパソコンだけはなくIpadなどの音楽機器なども生み出していきました。

 

技術力だけなばアップルが特別優れていたわけではないはずです。

なぜアップル社がここまでの存在感を生み出すに至ったのでしょうか?

 

ここにWhy→How →Whatの構図を見つけることができます。

 

Why 

アップル社は

Everything we do, we believe, in challenging status quo 

私たちがする全てのことは現状を変える変化を生み出すものだと信じています。

 

 

How

美しいデザイン、誰にでもわかりやすい使いやすいものにする。またユーザーフレンドリーな商品を作りあげる

 

What

その結果として生まれたのがMacである

 

というようになります。Why(なぜ)を先に考えることで人がその考え方を信じたからこそ商品が売れるのであり顧客はさらにアップルがだす音楽機器や携帯を買うという流れになるわけです。

 

サイモンは同時にWhat(なに)を元にして作った商品がうまくいかなかった例についても動画の中であげています。

 

何度も動画の中に繰り返し言われているのは

People don't buy what you do, people buy why you do it. 

 

 

心が一番大切である

サイモンは人間が”なぜ”に惹かれる証拠の一つとして人間の脳の仕組みからも説明しています。

脳の最終的な決定を下す部分は脳の中心部分にあり、言語能力を持たないためそうです。人間の感じる直感は正しいと言われますがそれは脳の決定を下す部位が言語を必要としてないことから感じるようです。

 

新しい仕事をするに追いても

The goal is not to hire people who want a job, the goal is to hire people who believe what you belive 

 といっています

これを訳すと

人を雇う場合、仕事が欲しいだけの人を雇うのではなくあなたの信じることを信じることができる人を雇うべき。

 

といっています。

 

仕事が欲しいだけの社員は最低限の仕事しかしませんしより良い条件の仕事があればそちらにいってしまいますからね。それよりもWhy。なぜその仕事に意義があるかを理解できる人を雇うことができれば突然やめてしまうという心配もなくなるからです。

これについては私は素直に納得できました。

 

成功するために必要な3要素とは

成功するために必要なものは何か。と聞くとほとんどの人が

 

  • 資金力 (Money)
  • 人脈 、知識 (Right People)
  • 市場のニーズ (Right market condition) 

と答えると思います。

 

これは間違いとは言えないと思います。実際にお金があり人脈があって市場のニーズが高まれば成功する可能性は限りなく高いでしょう。

 

ですがサイモンはリーダーにはもう一つの要素が必要であるといっています。

それが何度もいっているように

 

”Why" なぜそれをするのか

 

を明確にしているかです。

 

これについての例として出てくるのが

ライト兄弟のケースがあります。

 

ライト兄弟が飛行機を空に飛ばす偉業を目指している時に

NYにいる()という人が同じことを目指していました。

 

彼は当時成功に必要な要素を全て兼ね備えていました。

政府から助成金が$ 出ており

有名な大学を出ているため当時のトップクラスの人脈がありました

さらにはTimes Magazineが大体的に特集を組むということで注目も浴びていました。

 

それに比べてライト兄弟

お金は自分たちで稼いだお金のみ

当時働いていた社員の中で大学を卒業した人は一人もいませんでした

もちろん田舎にすむお金もない彼らに興味をもつ人はいるはずもありません。

 

ですが結果として飛行機を飛ばすことに成功したのはライト兄弟です。

 

またライト兄弟が飛行機を飛ばしたことを知った()はその日に計画を中止しました。なぜならば彼は有名になることのみが目的だったからです。最初になれなかった時点で計画を中止してしまったのです。

 

これは成功にはWhy(なぜそれをするのか)という心が必要であるという証拠にもなります。

 

 

なぜキング牧師I have a dreamのスピーチで有名になったのか

これについても同じことが言えます。

キング牧師がワシントンD.Cで行ったスピーチには25万もの人々が彼のスピーチを聞くために姿を表しました。

インターネットが発達していないので告知などはありません。また観衆は招待を受けた訳でもありません。

 

それにも関わらずそれまでに人数が彼のスピーチのために現れたのは

観衆が彼の信じていることを信じたからです

当時

公民権運動をしていた人は彼だけではありません、彼よりスピーチがうまい人だっていたはずです。それなのにキング牧師が飛び抜けていたのは彼が彼のやっていることにたいしてWhy(なぜ)を明確にしていたからです。

 

彼は常に I believe〜(私は〜を信じている)というような話し方をしていたようです。それをきいた人の中で彼の考え方に納得し彼の考え方を信じた人が出てきます。

 

そののちにキング牧師の思想を信じたひとの中に人を集める能力に長けている人が生まれてきて彼らの力により当日のスピーチには25万人もの規模になったのです。

 

有名なスピーチは

I have a dream (私は夢がある)

 

と言っています。決して私には作戦(what)がある。とは言ってませんよね。

これこそがWhyが本当のリーダーになるために必要であるという証拠になります。

 

Defusin of innovation 

これは経済学に絡むもので新しく革新的なもの(Innovation)が発明された時にそれがどのように普及するのか。というものをグラフにしたものです。

動画の中で出てきたので簡単に紹介しておきます。

f:id:No1footwork:20170501141920j:plain

 

 

新しい物が発明されるとその商品の可能性を直感で感じる人が2.5%

これは初めてテレビが発明された時に値段の割に決してクオリティーが高いとは言えないにも関わらずテレビを購入したひとをさします。

 

商品の可能性を信じた人たちですね。そしてその人たちが商品を使用しているのをみて買ってみようと決意する人たちが13.5%です。

 

そしてそれから商品が優れているのかを確認してから買う人が大部分(34%)で少し時期が終わった後に買う人が同じく(34%)、そして終始買わない人が16%いるということです。

 

もちろんこの数字はあくまで統計です。

 

多くの新しい発明はアイデアは素晴らしいとしても顧客がそれを求めていなければ革新的な発明とはなりません。

 

そのため写真にある赤いラインを超えられるかどうかが革新的な発明が世間に受け入れられるかどうかのサインが赤の部分であると言っています。

 

そしてこのラインを超えて世間に受け入れられたのがアップルしかり、キング牧師しかり、ライト兄弟なのです。

 

全てに通ずるのは彼らがWhy(なぜそれをするのか)から行動を始めているということ。

 

おわりに

今回は初めてTEDの動画を要約して見ました。

TEDの動画は何回見ても学びがあり刺激的な動画です。またジャンルもバラバラで日本人が話している動画も多くあります。

ほとんどの動画はわずか20分ほどの長さであり有名な動画になると日本語翻訳が付いていることが多くあります。また動画ではなくて話していることを書き起こしたトランスクリプトもあるので英語の勉強にも最高だと思います。

 

お時間があるならば動画を見ていただけると嬉しいです。

大まかなことは記事にてまとめましたが他にも説明仕切れなかった

場所もありますし人によって注目する場所も変わってくると思います。

これからも定期的に自分の中でビビッときたTEDの動画を共有して行くので楽しみにしていてください!

www.ted.com

 

それでは!

 

 

 

 

あ。書評を書こう

どうも!まさとです!

 

 

前回行った書評が自分のアウトプットにとってかなり有効に感じたのでこれから少しずつ増やして行こうと思います!

皮肉なことは本を読み終わる時間より記事をまとめている時間の方が多いということなんですがそれは慣れと共に変わっていくでしょう。

 

今回の本はこちら!

 

伝え方が9割

伝え方が9割

 

 

伝え方が9割』 という本です。

著者は佐々木圭一さん。

 

タイトルを見たときにビビっときましたね!

 

伝え方が9割とはっきり言い切ってしまうタイトルに目を引かれ即購入。

今回はキンドルで購入しましたよ!

 

no1footwork.hatenablog.com

 

 

昔から文を書く。ということは苦手でした。決められた分量まで文を長くしたりはできるのですが自分で構成を立ててわかりやすい文を書くとなると未だに自信はありません。

 

そんな気持ちもあってか助けを求めるようにこの本を読み漁りました笑

 

著者の佐々木さんも元々は書くことは得意ではなかったそう。運命のいたずらで広告部門に所属することになりその中でもがいているうちに

 

"伝え方にはシンプルな技術があり、感動的なコトバは、作ることができる"ということを発見したそうです。

 

この本に書かれている多くの内容はすぐにでも使える技術がふんだんに使われているので是非実践してみてはいかがでしょうか?

 

それでは早速行きましょう!

 

試しに伝え方の重要性を表す文を

 

私が

明日ご飯に行こう ” というのと

めちゃくちゃ美味しくて前からよくいくオススメのお店があるんだけどそこに行かない?

 

というのではどちらの方が興味が湧きますか?

 

おそらく2つ目ですよね!

 

どちらも目的は”明日ご飯にいく”というものです。

それでも伝え方を変えるだけで相手の反応が変わる可能性があがる。というのがこの本の本質です。

色々なテクニックを体系立てて説明されていたので紹介させてください!

 

”伝え方を学ぶことは何よりも優先すべき!

同じ大学を卒業した二人が同じ就職先を受けたとします。

結果として片方が合格しもう片方が落ちたとすればそれは何が原因なのでしょうか?

もちろん学校生活以外での活動の違いなどはあるかもしれません。

ですが面接において大切なことはどのように相手に自分という人間を伝えるのか。

 

同じ経歴を持っていたとしても伝え方で合否が決まると言ってもあながち間違いではないはずです。

決して嘘をつくことを推奨しているのではありません。あくまで自分の持っている強みや得意なことの伝え方に注目することが大切なのです。

 

伝え方を知っておけばこの先のどんな状況に置いても役にたちます。

資格などの目に見えるものに時間を投資するのも大切ですがこの際普段注意を払うことのない”伝え方”について考えてみてはどうでしょうか?

 

  

ノーをイエスに変える3つのステップ

本書はすぐにでも使えるような役にたつ情報がたくさん乗っているのでそれぞれについてまとめておきたいと思います。

 

まず著者によると人間は一日に大小を合わせると一日に22回ほどのお願いをするそうです。

”これを明日持ってきて欲しい”

”あとであれを貸して欲しい”

など色々なお願いがあります。

先ほど私が出したご飯の例のように同じ”ご飯にいく”という目的でも言い方を変えると相手の反応がよくなることがあります。それを作戦的に行うためにはやり方を知る必要があります。

 

ノーをイエスに変えるための3ステップは

 

 

1.自分の頭の中をそのままコトバにしない
2.相手の頭の中を想像
3.相手のメリットと一致するお願いを作る

 

はい。この3つをしっかりと頭に叩き込んでおきましょう。これだけでだいぶ相手の反応を良いものにできるはずです。

 

先ほどの例は好きな異性がいる人にも使えますよ!

”好きだからデートに行ってください”と言えば成功するでしょうか?おそらく難しいですよね。これは1の自分の頭の中をそのままコトバにしないというルールを守っていないからです。

 

まずは頭の中のコトバを口に出すのをやめましょう。

 

そして次のステップが相手の頭の中を考える。相手が何を望んでいるか、求めているかをしっかりと考えましょう。おそらく多くの人が”新しいもの”や”美味しいもの”は好きなはずです。

 

そこでくるのが最後のステップ。相手のメリットと一致するお願いをするです。

こちらのお願いは”デートにいく”つまり二人でどこかに出かける。ですね。

そして相手は”新しいもの”に興味がある。

それならば

デートに行こうーー>最近できたてのおしゃれなバーがあるから試しに行かない?

とでもいえばどうでしょうか??

おそらく成功率が格段に上がると思いますよ!

 

毎回成功するとは限りませんが相手が何を求めているかをしっかりと感じ取ることができれば確率が上がるでしょう。

実践向けですのでぜひ試してみてはどうでしょうか?笑

 

 

 

エスに変える7つの切り口

 さらに本書では相手からイエスを引き出すための切り口を7つの項目に分けて紹介しているのでこちらも簡単に説明していきたいと思います。

 

1.相手の好きなこと
2.嫌いなこと回避
3.選択の自由
4.認められたい欲
5.あなた限定
6.チームワーク化
7.感謝

 

こちらが7つの切り口になるのですが

最初の相手のすきなことについては先ほどのデートの例が当てはまります。

相手が気になることに触れることによってイエスを引き出します。

 

2つ目の嫌いなこと回避は本の例から引用させてもらいます。

 

例えば痴漢を防ぐために

”チカンに注意”という看板を置くとします。

それだけではチカンが減ることがないでしょう。

ここで相手(チカン)の嫌なことを考えた上で

”住民の皆様のご協力で、チカンを逮捕できました。ありがとうございます”

といえばどうでしょうか?

チカンのいやなことは逮捕されることです。そこを刺激するのが効率的な伝え方なんですね。

 

3の選択の自由は心理学を巧妙に使ったテクニックで相手に選択肢を与えるというものです。

再度、目的が”デートに行く”なら

 

”新しくておしゃれなできたばかりのレストランか落ち着いていて特別なお酒を取り扱うバーに行かない?”

と聞くと相手はどちらかを選ぶ可能性が高いです。

 

どちらにせよデートに行くという目標は叶うのでお得なテクニックですね!笑

 

4認められたい欲

こちらは人間がもつ承認欲求を刺激する方法です。

 相手の頑張っている点や才能を認めた上でお願いしてみましょう。

 

 

5あなた限定。

誰でも君にしかできない!

って言われたら考えますよね。意外と誰にでも言えて効果も高いみたいです笑

 

6チームワーク化

一人ではできないとしても二人で作業を分けるならお願いも通るかもしれません。

日本だったら赤信号、みんなで渡れば怖くない。ってことですね

 

 

7感謝

これはとてつもなく役にたちます

ただのお願いに”いつもありがとう”などの感謝を付け加えることで

相手が承諾する可能性がグンと上がります。

 

 

少し長くなったのでここで途中経過をあげておきます。

残りも書きますね!

 

次回に続く。

 

 

少しでもすぐに実践できて役にたつ知識があれば幸いです!

 

伝え方が9割

伝え方が9割

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 それでは!

 

”マンガでわかる!マッキンゼー式リーダー論” を読んでみた!【書評】

どうも!まさとです!

 

先日シアトルに行った時に本を数冊購入しました。

本は比較的読むようにしているのですが大きな問題が一つありまして。。

 

読んだ後に内容をあまり覚えていない...

なんとなく覚えているのですが結局忘れてしまいまたあとで読み直すことになることがよくあるんですね笑

 

インプットをするのは大切ですが自分の場合はアウトプットの方法が下手くそです。

なので少しずつですが自分が読んだ本を自分なりにまとめてけば自分にとっても学んだことを整理することができるかも!ということで書評を書いてみます!

 

あわよくば他の誰かにとって役にたてばいいなと思っています!

 

 

今回読んだ本は

マンガでわかる!マッキンゼー式リーダー論” 著者は赤羽雄二さんです。

 

マンガでわかる! マッキンゼー式 リーダー論

マンガでわかる! マッキンゼー式 リーダー論

 

 

 

漫画形式で書かれているので読むこと自体はすごく簡単で内容も頭に入りやすい内容になっていました。

ここから自分にとって大切だったと思うことを抜き出していきたいと思います。

 

 

マッキンゼーアンドカンパニーとは

まずここで取り上げられている マッキンゼーアンドカンパニーとは一体どのような会社なのでしょうか?

 

 

ジェームズ・O・マッキンゼーによって1926年に創立された世界最高のコンサルティング会社のようです。

顧客第一主義をとっておりあらゆる企業の課題・問題点を解決していく世界最強の頭脳集団とも言われています。

 

そのマッキンゼーの知識を用い、リーダー(上司)になるというのが今回の本の内容となっております。

 

それではどうすればリーダーになることができるのでしょうか?

私自身、学校の中でちょっとしたリーダーの立場にいますが恥ずかしながらリーダーシップには自信がありません。

仲間とうまく連携をとることができていないのが現状です。だからこそこのような本を購入したのですがいろいろな知識や使えそうなチップがあったので役にたてて行こうと思います!

 

まずこの本ではリーダー(マネージャー)とは

 

周りをどうやって活かすかに最大限注力する人

 

と定義しています。

 

スポーツの世界でよく言われることですが

 

一流のプレーヤーが一流のコーチになれるとは限らない

というものがあります。

 

選手として一流な人は自分の体をしっかりと追い込むことができ、目的をしっかりと持っているからこそ可能なのですがコーチになれば動くのは自分ではありません。

 

人それぞれやり方がやり、同じやり方をすればうまくいくというわけではありませんからね。

 

読んでいてもっとも大切だと感じたことは

 

しっかりと話を聞く

です。これは誰でもやっていると思うのですが実際にできているのかと言われてばどうでしょうか? 相手の話をしっかりと話を聞いていますか?

話の途中で相手の言いたいことを早合点してまとめようとしていませんか?

説明を聞いていると時間の無駄になるから要点だけを聞いたりしてませんか?

 

本書ではなんども話をしっかりときくことの重要性が説かれていて

これがうまくできれば信頼を得ることに繋がる。と言っています。

 

しっかり話を聞くというのは簡単に聞こえますが実際には難しいんですね。

 

 

本書では話をきくポイントについて3つに分けて説明されていました。

 

1.Active Listening 

話している相手の会話を遮らずにしっかりと聞くことをActive Listening

(アクティブリスニング)と言います。

相手が言いたいことを全て言い終えるまでまちましょう

 

これをすれば余計に時間がかかるのではないのか?という思う方もいますが実際は最初こそ時間がかかるにしても次回からは勘違いやすれ違いが起きにくくなるため結果として良いようです。

 

2.相手に聞いている姿勢が伝わるようにする

 相槌やメモをとることで話してに対して自分はきいているよ。という姿勢を見せることが大切です。

 

3.疑問はすぐに質問

話を聞いていてわからなければすぐに質問するようにしましょう。これをすることでお互いの理解が深まり相手にも聞いている。というアピールにもなります。

ここで気をつけたいのは論理的な質問はできるだけしないこと。

ロジカルな質問は相手によっては威圧的に聞こえてしまうようです。できるだけ好奇心からくる質問をぶつけていくと良いみたいです。

 

 

会議やミーティングで使えるテクニック

ホワイトボード活用法!

 これはなかなか面白いアイデアだと思いました。

会議室にはホワイトボードが置いてあることが多いです。

これを使うことで会議をスムーズに、かつまとまりを持った状態で行うことができるようです。

 

大切なのはこの3点。

・リーダーが自ら書く

・なるべく文章で書いていくこと。

・意見が対立すればホワイトボードの左右を使ってポイントを書き上げる。

 

二つ目のなるべく文章でかく。ということがとても重要なようです。文章で書くことにより勘違いを減らすことができるのと後から参加した人も理解できるようになるメリットがあります。

 

また会議をだらだらとさせないためのポイントとして

・会議の目的を明確にする。

・事前に準備をしておく

・リーダーが進行を進める。

などがあります。

目的がはっきりとしていれば無駄な話し合いの時間を減らすことができるのと事前準備が結果として無駄を減らすことに繋がります。

いそがば回れという言葉もあるように準備に時間をかけておけば実際の場合に何かが起きても対応しやすいという利点があります。

 

 

終わりに

本書の中でなんども重要視されているのは相手の話をきくことです。

人は話すことが好きなのでどうしても人の話をきくことをおろそかにしてしまうことがあります。 聞き上手は成功する。と言われるように自分の話よりも相手の話している内容に目を向けることが大切です。

 

もちろんただ相手のことを聞けばいいわけではありませんし相手にゴマをすれ。とは言っていません。相手の言っている言葉をそのまま受け取るのではなく本当に言いたいことを推測する力も必要です。

自分と周りは同じではない。自分がやる気があるからと言って周りにやる気を押し付けることはいけません。それぞれのスタイルに対して柔軟な対応が必要になる時もあれば

違う意見をまとめる責任もあります。

 

リーダーには人を惹きつけるスピーチ力やカリスマ性が必要と思われがちです(私もそう思っていました)ですが実際には周りに関心をもち人のために動く気持ちがあれば誰でもリーダーになれます。

 

最後に本書より引用で締めたいと思います

 

リーダー(マネージャー)にとって一番大切なことは

いつも周りに深い関心を持ち尊重し真剣に向き合う。一人の人間として接するということ。 

 

シンプルですけど力強い言葉ですね!

 

 

マンガでわかる! マッキンゼー式 リーダー論

マンガでわかる! マッキンゼー式 リーダー論

 

 

 

これからも定期的に読んだ本をまとめていきますのでよろしくお願いします!

 

それでは!